更新:2019年2月1日

目黒区で保育園入園をする為に知っておくべきこと

公園へ出かけたり、ショッピングや外食も楽しむことができる目黒区。小さな子どもと一緒でも周囲に気を使わずに利用できる飲食店「子育てカフェ」の設置や妊娠中に助産師・保健師、看護師と面接すると育児用品カタログギフト1万円相当がもらえる「ゆりかご・めぐろ」の実施なども目黒区の魅力です。

平成30年度の待機児童数330人の目黒区は役所庁舎敷地内や区立小学校校舎内での保育園整備などで待機児童の調整を行っています。
ママスタ保活では、そんな目黒区の保育園に入園するために知っておくべきポイントをまとめました。


参考リンク
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2018/07/30/documents/0730_04_01.pdf
http://www.city.meguro.tokyo.jp/kurashi/kosodate/cafe/index.html
http://www.city.meguro.tokyo.jp/kurashi/shussan/syussannkosodate.html
http://www.city.meguro.tokyo.jp/gyosei/keikaku/keikaku/jisedaikodomo/hoikusho-taikijidoutaisaku.html

目黒区の保育情報

目黒区の保育に関するデータをご紹介いたします。

データ出典元 『100都市保育力充実度チェック 2018年度版』 保育園を考える親の会、2018年10月
詳細な調査結果についてはこちら

目黒区の入園決定率 72.8%

入園決定率とは、認可の保育施設・事業に入園を申し込んだ児童のうち入園できた児童の割合。 ※進級児を含まないいわゆる「合格率」に相当する。

目黒区の認可保育所の総定員数 14,910人

本データは、2018年4月1日現在の認可保育所(公立/私立)の合計定員。

目黒区の認可保育所数 56施設

認可保育所は大きく公立と私立に分けられる。 本データでは、認可保育所の分煙 も1園としている為、厚生労働省の公表数値とは一致していない。

目黒区の認可整備率 90%

認可実施率= 認可の合計定員/認可・認可外の総合系定員
この率が高いほど、認可による整備が進んでいる。

目黒区の空き情報

月2回、HP・窓口で公開(4月入所を除く)

目黒区の保育料(3歳児未満) 最高額:70,200円、中間額:27,500円

保育料基準表では、住民税の負担額による所得階層別に保育料が決められている。家計年報を元に平均的な所得階層を独自に設定し「中間額」と呼んでいる。

目黒区の0歳時保育の実施率 94.6%

0歳児保育実施率=0歳児を受け入れる保育所数/認可保育所の総施設数
上記を実施率として算出している。

目黒区の延長保育実施園数 56施設

本データでは、保育標準時間の11時間を超えて開所している認可保育所を延長保育実施園としている。

目黒区の延長保育実施率 100%

延長保育実施率=11時間を超えて開所する保育所数/認可保育園の総数
上記を実施率として算出している。

目黒区の園庭保有率 46.4%

認可保育所の基準は「2歳以上児1人につき3.3m2の屋外遊技場が必要」としているが、近くの公園等での代替も認めている。